精神的に病んでいる

ハートと聴診器

評判や費用などはどうか

うつ病になる人もたくさんいますが、うつ就職になっている人も少なくありません。これは、就職活動中にうつ病になってしまうパターンをいいます。基本的に就職活動は、自分の将来を決めるとまでは言い切れないものの、比較的大事な時期です。この時期にしっかりとした就職活動ができ結果を残せれば問題ありませんが、人によっては1年以上会社が決まらないようなこともあるでしょう。この場合には、うつ病になってしまうことも考えられます。うつ病になる人は、精神的に追い込まれたからなるわけではなく、その中でも自律神経のバランスが悪い人がいやな事をやらなければならずそこに疲弊してしまうとうつ病が発症する可能性があります。もし、うつ病の状態で開催になってしまうと、いずれにしても長期的な休暇をしなければならないでしょう。その場合には、収入がなくなってしまいこまってしまうことになりかねません。もし、就職活動でうつになってしまった場合はすぐに精神科や心療内科に行くことが重要になります。うつ就職で精神科や心療内科に行く時の費用は、保険が適用されるためこれほど多くの金額がかかる訳ではありません。一回当たり\3000ぐらいで、診察および薬をもらうことが可能になります。

うつ就職の場合でも、傷病手当金を申請するようなこともあり得るでしょう。うつ就職といっても、まだ就職活動をしている段階で傷病手当をもらうことはできませんが、その状態を引きずったまま就職してしまい、精神科や心療内科に行った時うつ病と診断された場合には傷病手当金をもらうことが可能になります。傷病手当金をもらう場合には、ほとんど費用はかかりません。なぜかといえば、会社に申請をするだけだからです。もちろん、必要な書類をそろえるのにわずかなお金はかかるかもしれませんが、それでも数\100程度になります。少なくとも、代理人を使わず自分で行うことができるため、それほど金銭的な負担を気にする必要はないでしょう。では、傷病手当金をもらう場合の評判はどうでしょうか。この点に関しては、一定の条件はあるものの比較的もらいやすいものと言えます。よく、障害年金と混合する人がいますが、傷病手当金の場合は障害年金と異なり期間限定でお金をもらえるだけです。その期間は1年半ほどになるため、いくら1年半以上休みが続いていたとしても、1年半経過すればそれ以上もらうことはできないための間に通院をしてうつ状態を直さなければいけません。給料も全額をもらうこともできず、給料の2/3に相当するお金だけをもらうことになります。