うつになっても働きたい

悩む女性

仕事は病気になっても出来ること

うつになったら1人での就職活動は上手くいかないです。人よりも疲れやすかったり頭が痛くなりやすいなど症状が出てきます。仕事を見つけるところから職場定着までサポートしてくれる就労移行支援事業所がありあります。自分に自信がつき常にサポートしてくれるスタッフさんと頑張っていくとやる気が起きます。困った時には相談にものってくれたり病気の症状を理解してくれる企業で働いていける職業訓練も行っています。うつ就職の為にビジネスマナーや、パソコンの使い方を勉強して規則正しい生活習慣を最初に身につけます。医師との連携もしてくれるので無理のないペースで通所できます。利用者同士のコミュニケーションも必要です。職場の人間関係では会話がないと難しいので日々練習です。軽作業する時間もあり手を動かしチームワークも覚えられます。病気になって諦めてしまった仕事も支えてくれる人がいるのは大きい存在です。人前で緊張する症状も、まず、挨拶から始めようかと声をかけてくれます。対人関係が円滑に築けなくても一緒のスタートからの人がたくさんいます。辛い経験をしてきたからこそ分かることがたくさんあるはずです。うつ就職のきっかけの窓口に就労移行支援センターを使います。

うつ就職には、障害手帳を持っていると障害者求人を応募することが出来ます。一般の方と一緒に働きます。障害のある方には、通院配慮してくれたりと臨機応変に対応してくれる企業の求人です。身体障害者のように目で分かる障害と違い理解してもらうことが難しいです。うつの症状を自分でもしっかり相手に説明できるようにします。うつ症状に合った仕事は、事務職などのデータ入力が多いです。症状を安定させることを意識した生活は、うつ就職にはとても大事です。薬の服薬管理から食事も気をつけます。障害者雇用の仕事内容は業務が少し減らしてくれています。接客業や電話応対がなかったり苦手を感じる部分をなくしてくれます。ハロワークでは、障害者雇専用の窓口があります。専門知識を持っている職員が相談に対応してくれます。障害求人は、一般求人と比べると少ないです。そのため年に一回開かれる障害者雇用面接会があります。面接会で実際担当者と会えるので自分をアピールできます。採用率が高まるので積極的に参加できると良いです。ハロワークでは、障害者雇用に対して職業訓練も行なっています。就職に向け力をつけることが出来ます。医師との会話も常に頭に入れます。働いてもいい状態確認を取り行動します