病気を治すためには

女性

申し込み方法とその仕組みを知る

現在は、20代から30代を中心としてうつ病にかかっている人が少なくありません。うつ就職の段階では、強弱はあるもののあまりにも重度のうつ病になると会社を何日も休まざるを得ないこともあり得ます。もし、何日も会社を休んでしまった場合には、現在うつ就職で悩んでいる旨を精神科や診療内科に相談をすることが重要になります。精神科や心療内科に相談をしたときには、必ず診断書を持ち帰るようにしましょう。この診断書が、後に大きな鍵を握っている可能性があるからです。例えば、長期的に会社を休んだ場合はその期間お金が入りません。そうすると、生活自体が苦しくなってしまうでしょう。この場合に、傷病手当金などをもらうことができますのでこの時に医者による診断書が重要になります。診断書の準備ともらう為の条件を確認しておかなければいけません。傷病手当金をもらう場合の条件の1つは、会社の仕事以外でうつ病になった場合です。例えば、人間関係でうつ病になった状態で仕事をしている時全てにおいて絶望的に感じてしまうこともあり得ます。この場合、傷病手当金が出ると言って良いでしょう。また、三日間以上連続して会社を休んでいることが重要です。この場合には、休日や祭日で会社が休みの場合は除いて考える点を知っておくべきです。

うつ就職で傷病手当金をもらう場合には、どのような仕組みになっているかを理解しておくと様々な場面で役立ちます。基本的に、うつ就職をして会社を長期的に休む場合には、会社の加入している健康保険組合がお金を出してくれることになります。そのため、申請する場合は市役所などに申請するのではなく会社の窓口、例えば総務課などに提出する必要があります。小さな会社の場合には、直接経営者と話をして申請する旨を伝えることが重要です。ちなみに、似たような制度に障害年金の制度があります。障害年金制度とは、国が主体となって行っている制度になります。そのため、この制度を利用する場合には会社に対して申請するのではなく国に対して申請をしなければなりません。傷病手当金を利用する場合に知っておきたい事は、もらえる金額になります。毎月の給料分をすべてもらえるわけではなく、毎月の給料の3分の2と定められています。会社によっては、もう少し多くもらえる場合もありますが、たいていは3分の2になることを理解しておくことが大事です。それに加えて、どれぐらいの期間お金を貰い続けることができるかも問題になるでしょう。1年半の間もらい続けることができるため、それまでの期間は治療期間としてじっくり家で待機をしていることが大事です。